車両保険も医療保険も保険見直しでコストを適正化

説明

医療保険の選び方

医療保険の種類

女性

医療保険には公的医療保険と民間医療保険とがありますが、このうち公的なものは自己負担が3割で済むという健康保険証の分です。問題なのは、この公的医療保険の対象外になるものや、高額な医療費がかかる治療たとえば手術などの際、出費が大きくなる傾向にあります。それを避けるためには、民間の健康保険に頼らざるを得ないというわけです。ではどの民間の医療保険を選ぶのかですが、その選び方にはそれぞれ特徴があるため、選ぶ際には慎重になることが大切です。選び方で考慮すべきは、ピンポイントで加入するようにするべきか、あるいはいろいろな時に対応がきくものにすべきかの選択が重要になってきます。生活面の保証も考えることにすれば、その分だけ健康保険料も高額になってしまいます。

足りない部分を民間で

公的医療保険で高額な部分について、民間で対応をしようと考える人もいますが、実際には高額療養費制度というものがあります。そのため実際には、高額療養費で対応がきかない部分、特に高度先進医療や生活面でのフォローなどを中心に考えていけば、不足部分を補うという発想で対応が可能です。そのため選び方としては、まずは高額療養費制度を理解し、どの程度困るのかをシュミレートしてみることです。足りない部分が分かれば、その部分を補えるサービスを選ぶようになりますから、自ずと選び方は決まってきます。あとは、高額療養費制度以外で足りない部分をどの保険で対応させるのかを考えていきますので、保険料や貯蓄で足りなさそうだと考える部分をフォローしていけばいいということになっていきます。